スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ヒラスズキ 動画 アプローチ編

ヒラスズキ 動画 アプローチ編

 

松岡、水元、両氏に『脅されて』離れ磯にアプローチしてみました。





基本的にはウェーダースタイルでの釣行が多い私ですが、鮎が解禁する頃には鮎タイツでの釣行が多くなります。

宮崎では暑くなると水着にラッシュガードなどの軽装で磯に立つ人が多いのですが、慣れている人はともかく私は怖いので一応こういったスタイルです。

先日、友人に『日ごろ五ヶ瀬の激流で鍛えているから流れに強いですね』といわれました。

しかしながら危険度で言えば圧倒的に海のほうが上です。河川で立ちこむ場合、水の流れが一定方向ですので『これ以上、無理』という判断がつきやすい。万が一流されても着地地点を想定していれば問題ありません。

対して海の場合、流れが一定ではなく、動画のような磯が入り組んだ場所では四方八方から流れがきますのでひとたび流されてしまえば予測不能となってしまいます。

動画のような磯ではライフジャケットが非常に邪魔になります。不意のアクシデントではなくてはならないライジャケも、その浮力と表面積の増加で自由な動きが妨げられます。

はたから見れば危険な行為に見えるヒラスズキや鮎の激流釣りですが、当人からすればそれほどでもありません。

安全に釣りをするために一番大切なことは『意識』でしょう。

その証拠に『流されることを前提』とした鮎の激流釣りや磯のヒラスズキでは殆ど死人がでません。不幸な事故で目立つのが、防波堤や地磯で一見安全に見える場所です。

皆さん、ご安全に。





スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

だから

AIMSのような一体化して体に密着したライジャケやヘルメットが必要になるんですよ! 

今の私には絶対出来ないので、必要ありませんがね。

Re: だから

> AIMSのような一体化して体に密着したライジャケやヘルメットが必要になるんですよ! 
>> 今の私には絶対出来ないので、必要ありませんがね。
釣れているときは問題ないのですが、渋いときはついつい前へ・・・・
浸からずに釣れればよいのですが。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。