スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ライセンス制度

ライセンス制度

004 re

皆さん、河川で釣りをしているとこのような看板を目にすることがあると思います。河川で釣りをする場合、『遊漁券を購入してください』、との内容が書いてあります。

内水面(河川や湖)を管理しているのは各漁協で、漁協は県から委託された形で、河川の維持、魚類を維持するための放流などを管理しています。

主な魚種としては、サケ、マス、ヤマメ、コイ、フナ、鮎、などがあげられます。

となると認定魚種ではない、シーバスやチヌを釣るには遊漁券は必要ないよね、と普通考えます。

そこで漁協に確認してみると、『何が掛かるか分からないから遊漁券は必要』との答えが返ってきました。まあ確かに、稀ですがシーバス狙いで、ヤマメやコイがかかることがあります。


釈然としないので今度は県の『内水面漁場管理委員会』に電話で聞いてみました。

そうしたところ少なくともルアーで『シーバスやチヌを狙う場合、遊漁券は必要なし』との回答がありました。

もし認定魚種が掛かった場合、リリースすれば全く問題ないとの事。

これは宮崎県、大分県の機関に確認しましたので、少なくとも両県に関しては遊漁券は必要ありませんし心おきなく釣りを楽しんで大丈夫です。


なぜこのような事を話題にするかというと、別にお金が惜しいわけではなく、私は河川や海がよくなればむしろライセンス制度は必要だとの考えがあるからです。

現在ではまだまだ、海、河川ともに職漁と遊漁との間には様々な問題があり、簡単にはいきませんが、いよいよ真剣に考えなくてはいけない時期に来ているのではないかと思います。



スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

帰省して釣りを楽しんでいる親子からも金と取ろうとする漁協の監視員
ルールはルールなんだろうけどこれくらいは融通きかせてもいいかなと思いましたね
私がこの子ならもう釣りはしませんよ・・・
現場で徴収した割り増し分は監視員の収入になるそうで張り切る気持ちもわからないではないですが・・・

私もライセンス制度は必要だとは思いますが漁協と釣り人の溝は簡単には埋まりそうにありませんね

Re: タイトルなし

> 帰省して釣りを楽しんでいる親子からも金と取ろうとする漁協の監視員
> ルールはルールなんだろうけどこれくらいは融通きかせてもいいかなと思いましたね
> 私がこの子ならもう釣りはしませんよ・・・
> 現場で徴収した割り増し分は監視員の収入になるそうで張り切る気持ちもわからないではないですが・・・
>
> 私もライセンス制度は必要だとは思いますが漁協と釣り人の溝は簡単には埋まりそうにありませんね

釣友に話を聞くと声を掛けられたことがある人がたくさんいます。
私もこの記事を書くとき『内水面漁業規則』を読んでみたり県の内水面管理委員会に電話で確認しました。
そうすると多くのことが分かり、それぞれの漁協で『俺様ルール』、または『ジャイアンルール』が適用されていることがあります。

もちろん遊漁者は一歩下がって釣りをしなければならないと思いますが、あまりにも理不尽なことに対応するためにも、我々も規則を、今一度勉強することが必要だと感じました。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。