スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
釣り日記  ←釣り日記 【--年--月】の更新記事一覧 →アクセス解析  アクセス解析
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

企業理念

企業理念

様々な製品があふれている昨今、ユーザーに選択してもらうためには様々な努力が必要になります。

先日このような出来事がありました。某釣具店で色々なカタログを読み漁り、ウェーダーを新調しようと考えていたときのこと。

釣友の一人が

「俺のウェーダー、ちょっと変なんだよね、見てくれない?」

よく見てみてみると、ありえない場所に直径5センチほどの補修跡(パッチ)があります。

そのウェーダーは使い込まれていましたが、メーカーの見解を聞きたいということで送ってみました。

メーカーの公式見解は次に記します。

『自社製品は海外で作られており、検品をしております。その際、微細な傷、よれ、などがあった場合、このような方法(パッチ)で補修して、販売しております。自社製品は価格設定が格安なため、このような手法を取り入れております。ご容赦ください。』

ストレートに解釈すれば『安かろう悪かろうだから目をつむってね』という事になります。

逆に良い方にとれば『他社がそのまま販売しているかも知れない微細な傷のものを、わざわざ補強して販売している』とも取れます。

しかし巷には更に安い製品がありますし、そのような話は聞いたこともありません。なにより購入時にそれに気付けば間違いなく購入しないでしょう。

デフレが進んでいる昨今ですが『安かろう悪かろう』では生き残れるはずがありません。

『こじゃれた』デザインが気に入り、私自身もウェーダーやベストを購入しました。がベストは早々に手放し、ブーツタイプのウェーダーもつま先が「ふにゃふにゃ」で膝まで立ちこむと足先が痛くなります。

ウェーダーなどのアパレルは個人の体型やスタイルによって賛否が別れるものですが、基本性能など『詰めの甘さ』が目立ちます。

購入して初めて分かることがありますが・・・・・

 

次回はないな〇〇〇

 

※〇〇〇が知りたい方はメールを下さい。

2月2日追記・・・・『釣友の一人』さんのコメントにヒントが隠されています。私もはじめは分かりませんでした。

            お~い 座布団一枚持ってきて~

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
釣り日記  ←釣り日記 【2010年01月】の更新記事一覧 →アクセス解析  アクセス解析
 

~ Comment ~

ないね

まぁ次は無いですね。
ずっと(もっと)使えるメーカーを探します。
めんどうなのでゴアを買いますかね~!
デザインは良かっただけに残念でした。。。
すぐに(1シーズン)浸水はするし。。。それほど履いていなかったんですけどね。

気になる

ご無沙汰です。
私は相変わらず宮崎通いしてますが、ご想像通です^^

いつのことやら・・・・・



アパレルの仕事をしているので、よーく分かります。
各社、販売価格で何処に妥協点を設定するのかを
重要視してるようですね。

私も高価な商品を扱ってますが、マジで??が良くあり、メーカーに苦情を入れても、まれに信じられない答えが返って来ます。
アパレルはテストをせずに一発勝負で生産するので、製造国のレベル次第では最悪な出来になります。

なので、仕入れもデザインよりも仕上がりを重視して観ています^^

南天さん

そうですな。やはり次はないですね。
他社製品でも水漏れなどはよく聞きますが、あれはちょっと・・・・・

メタボリックマンさん

相変わらず宮崎通いですか。初志貫徹がんばってください。
製品の『落としどころ』を見極めるのは難しいものです。
ネットをはじめとした情報網が発達している昨今、うわさが広まるのは早いものです。

まずは基本性能を大事にしてもらいたいと思います。『味付け』はそのあとですね。

蟻の一穴

その商品を扱った当店としても、同じ意見です。

やはり次ぎはありませんね。

今回のウェダーにかぎらずデフレが続いているので

いろいろな商品が海外生産となっている昨今です

お客様の身につけるものに関しては信頼できる

メーカーの商品を販売していくべきだと改めて勉強

させてもらえる出来事でした。

一時期、雨後の筍のように釣具メーカーが出現

しましたが、これからはますますふるいに掛けられる

時代になります。

私ども小売店にはますます入荷する商品に関して

は選択眼が問われることになりますが、

メーカーももう一度 「モノ作りの原点」に

戻って欲しいと思います。

今回の勇気ある提言に心から感謝いたします。
  • #56 プロショップ・タイトライン 渡辺 
  • URL 
  • 2010.02/04 18:13 
  •  ▲EntryTop 

はじめまして

初コメです。
いきなりですが・・・・・。
南天さんのヒントにかなりウケてしまいました。
これからも、楽しみに見ております。

Re: はじめまして

> 初コメです。
> いきなりですが・・・・・。
> 南天さんのヒントにかなりウケてしまいました。
> これからも、楽しみに見ております。

はじめまして。kaiさん
ああいうところが「センス」なんでしょうね。見習いたいものです。

ながいことご無沙汰してました。
ルアーにしろ何にしろ、C国製からは逃れられなくなってますよね。
ほとんどのメーカーがフラッグシップ以外は海外生産。
どうクオリティコントロールをしているか、ですけどね。海外生産は難しいみたいです。

Re: タイトルなし

> ながいことご無沙汰してました。
> ルアーにしろ何にしろ、C国製からは逃れられなくなってますよね。
> ほとんどのメーカーがフラッグシップ以外は海外生産。
> どうクオリティコントロールをしているか、ですけどね。海外生産は難しいみたいです。
こちらこそご無沙汰しております。
製品は色々あれど値段と品質の兼ね合いは本当に難しいものですね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。