スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
新年ご挨拶  ←新年ご挨拶 【--年--月】の更新記事一覧 →ひんか  ひんか
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

釣り用カメラバック

釣り用カメラバック

様々なシーンの一瞬を切り取るためのカメラ。

大別して一眼レフカメラとコンパクトカメラがあります。

コンパクトカメラは防水性能に特化した製品が数多く出回っており、特別なハウジングがなくても気軽に釣りの現場に持ち込むことが出来ます。特にヒラスズキなど、過酷な釣りでは重宝します。

しかしながら描写能力に勝る一眼レフを現場に持ち込みたいことも多く、その持ち運び方法は悩みの種です。

一番信頼できるのは『ペリカンケース』ということになると思います。オフショアなどではその安心感はこの上ありません。

しかしウェーディング時などの持ち運びは、ちと厳しいものがあります。

身に着けておき、すぐに取り出すことが出来れば迫力あるファイトシーンや魚の躍動感を写し取ることが出来ます。

そんなときお勧めなカメラバックが

『RIVER GUIDE』社製の『カメラポーチ M』

DSCF2887 リサイズ

 

私はニコンのD90(レンズは18-200)を使用していますが、いわゆる中級機種までであればベストマッチだと思います。

防水透湿製素材でしっかりとシーリングされています。出し入れ口はクルクルと巻き込み水が入らないようになっており、多少の飛沫では問題ありません。一度ヒラスズキで頭から派手に水を被りましたが大丈夫でした。(責任は持てませんが)

DSCF2888 リサイズ

お値段も手ごろで、釣りの現場ではお勧めの一品です。

 延岡では『プロショップ タイトライン』で取り扱っていますので興味のある方は是非。

 

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
新年ご挨拶  ←新年ご挨拶 【2010年01月】の更新記事一覧 →ひんか  ひんか
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。