スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ヒラマサタックル

ヒラマサタックル

穏やかな天気なのでエギングでも行こうかな、と考えていたところ娘の通う幼稚園がインフルエンザのため、休園措置に。

幸い娘は元気いっぱいなので人ごみを避け近所の公園のある港へ。

IMG_2003 リサイズ

娘のスーパーしゃくりでコウイカを釣り上げることができ、それが今日の昼ごはんとなりました。

お昼からは、お昼寝の合間を利用して週末のトップヒラマサの準備を。

IMG_2006 リサイズ

現在、ブームとなっているヒラマサのトップゲームですが、各社様々なタックルが出揃ってきています。参考までに私のタックルを。

 

ライト系     ゲーム AR-Cボート 806 (シマノ)
          ステラ8000HG PE5号+ナイロンリーダー35号 
                        (ルアーへはフリーノットで直結)

ヘビー系     オシア ブルーフィンツナ (シマノ)
           ステラ10000HG PE6号+ナイロンリーダー40号
                        (ルアーへはフリーノットで直結)

            

私の場合、上記の2タックルを使用しています。使用するルアーのウエイトがさほど、ばらつきがないため1タックルでも事足りますが、一応トラブルがあった時のことを考えると出来れば2タックルあったほうが良いでしょう。

両方のセット共、ヒラマサ専用というわけではありません。AR-Cボートは変則2ピースという特性上、やや癖のあるロッドですが、ブランクスの素性の良さと実売価格の安さ(これ重要)で使用しています。2万円台で購入できるものとして、抜群のコストパフォーマンスを誇ります。

ヘビーロッドとして使用しているブルーフィンツナはその名の通りマグロ用です。ヒラマサ用としてはややオーバースペックですが、マグロ用としてシンキングペンシルを投げられるティップの柔軟さが使い勝手をより高いものにしています。これも汎用性の高いロッドです。
          

ルアーについてですが、現在ハンドメイド系メーカーのものはオークションなどでものすごい高値がついています。お金ってあるところにはあるものだな、と思ってしまいます。 

簡単に手に入る人は良いですが、私は定価以上出してまで購入したいと思いません。その時間や労力を釣行費などに当てます。

         

 今回は初めてのメンバーが多いので出られると良いのですが・・・・

 

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

今度の日曜日でしたよね!
すでに私の竿は水道や1号にレンタル済みです。

出港出来ると、良いですね!

1号さんは懸命にラインをまいていました。
出れるかどうか・・・・・・微妙・・・・
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。