スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

友釣り 水中糸考察

友釣り 水中糸考察

解禁後の五ヶ瀬川。様々な情報が入ってきました。
ざっくり言うと『最悪』
実際のところ終わってみなければ分かりませんが・・・・
ただサイズは良いよいようで、数が少ないため一人頭の縄張りが大きいためだと推測できます。

塩焼にして食べてみましたが、サイズの割に身質も若鮎のそれで、かなり柔らかく感じました。
そのためか先日の釣行でも身切れが多発しました。


ところで、DUEL社から発売されている『Armored F +』(アーマードフロロプラス)

s-P1030322.jpg

主にルアー用のメインラインとしてすでに好評を博しているラインですが友釣りの水中糸として使用してみました。

友釣りの水中糸といえばメタルラインが思いつきますが、真っ先に思い浮かぶのが使用感よりも何よりもその『価格』。
先のデフレ経済で、軒並み物の値段がさがった時でも高値安定。物価の逆優等生といってもよいでしょう。

そこでアーマード0.1号、150m。
結論からいいますと非常に良いです。

私が好んで使用している、バリバス『スーパーメタル』との比較。
アーマードの直径が0.06mmにたいしてスーパーメタルは0.056mm。アーマードの直径はメタルの0.125号のそれと同じということになりますので若干太めです。

ただいつも使用している複合メタルとの比較ではほぼ同じ太さとなっています。ただし通常の複合メタルの直線強力が1キロ前後の商品が多いのに対し、アーマードは2キロと約2倍
価格も複合の場合20mで3000円前後ですが、アーマードは150mで3500円程度。この値段であれば自宅で計りながら仕掛けを作らなくても現場でジャブジャブ使えます。
結束はFGかノーネームで良いでしょう。

先日の釣行でも五ヶ瀬随一の流れであるヒサゲの芯から尺ヤマメを引きずりだしました。

10匹対9匹が大きな差に感じるトーナメンターやテスターさんはさておき、たいていザックリした釣りを展開する私にはその使用感の違いは誤差の範囲。

私の釣友にも使用して貰いましたが、私と同じで、『十分使える、というか、とても良い』、という感想を頂きました。

また使い込んでいって思うところがあれば書き足していきたいと思います。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。