スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

戦いは日曜の晩から

戦いは日曜の晩から



台風が過ぎ去ったあとの週末、たくさんの釣り人が五ヶ瀬川に入っていました。

多くの方と同じように私も『サンデーアングラー』です。(正確にはマンデーアングラーですが。)

土日にはたくさんの釣り人が河川に入りますので、月曜日は釣り荒れをしている感が否めません。

しかし圧倒的に釣り人が少ないため、自由度の高いプランを組むことができます。


戦いは日曜の晩から始まります。

釣り仲間には『エキスパート』と呼ばれる諸先輩方が数多くいらっしゃいますので、ありがたいことに、多くの情報を得ることができます。

匹数、大きさはもちろんのこと、水温、流れ、仕掛け、何処に誰が入っていたか(コレかなり重要)、これらのことを加味して明日のプランを立てることとなります。



もうひとつ情報戦の大きな武器となるのが、国土交通省『河川の防災情報』

国土交通省の管轄する一級河川の情報がリアルタイムで更新されています。雨量、水位の推移など、これらのことから多くの情報を読み取ることが可能です。

中でも水位の推移は重要です。この高水の状態でもマイナス水位となっている観測点がありますので、その日の状態を目で良く確認しておき、数字と実際の水量をリンクさせておくことが肝要です。


私のホームである五ヶ瀬川は釣りをするエリアが約50キロといったところでしょうか。先にあげた作業を前日のうちにしておけば無駄な動きを極力減らすことができます。


明後日の月曜日、この間、良い思いをした水位とほぼ同等の条件がそろうはずです。となると『あそことあそこ・・・・』と多くの妄想をふくらますことができます。

全くのノープランでの釣行も楽しいものですが、『読み』を張り巡らせ詰将棋のような釣行もまた楽しいもの。



そして今日もまた
『そんな情報でわくわくできるあんた達って幸せよね・・・・・』という冷めた言葉を妻に投げかけられるのです。



スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。